月別!着物の選び方12ヶ月

着物初心者の方へ向けて、季節ごとの着物の選び方、帯や小物との組み合わせ方などを綴っています。

9月最初の着物仕事は、半襟の付け替え

9月は単衣の季節。 着物も襦袢も単衣のものにするのが良いのかも知れませんが、 9月になってもしばらくは暑いので、 着物は、あまり透けない夏着物(私は夏大島を愛用)、 襦袢は絽を着続けます! 洋服が半袖の間は、着物&襦袢も夏仕様。 だって暑いし・・・(…

なるべく涼しく「綿の浴衣を着物風に着る」工夫

先日、地域の夏祭りでお茶会のお手伝いをしてきました。 毎年、おそろいの浴衣で参加するのですが、 浴衣の中に襦袢を着用して、着物風に着ることになっています。 浴衣を着物風に着るのは、普段からしているし、 夏着物にはまだまだ手が出せない!という初…

袋帯の選び方 全通柄か六通柄か

こんにちは! 着物好きの月です。 今回は、立派な着物に合わせる時に使う「袋帯」について考えてみたいと思います。 袋帯にも、色とか模様とか、織り方とか、色々ありますが、今回は、 「柄がどこに入ったものを選ぶか」 ということについてです。 最初の1本…

1月の着物 初詣・初釜の着物

あっという間に12月・・・ 今年もあとちょっとで終わりですね・・・・。 12月が終われば1月! お正月です。 着物にぴったりの行事がやってきますね!! 初詣に着物で行く!なんていうのもステキですよね〜。 1月は、初詣の他にも、初釜、新春茶会など、私に…

11/17の着物

11月になりました〜。 今日は11月になってはじめてのお茶のお稽古。 そして今日は炉開き・・・だったのを忘れて、思いっきり普段着風の紬を着てしまいました(^_^;) ほんとはもうちょっとかっちりした物を着ようと思ってたのに〜・・・! バタバタしてて、す…

訪問着の着まわし

先日秋のお茶会でも着用した水色の訪問着。 実は私、訪問着はこの水色のともう一枚(ピンク色)の二枚しか持っていません。 なので、訪問着を着るときにはその二枚を着まわしています。 水色の訪問着は秋草っぽい柄なので、もっぱら秋に着ているのですが、そ…

秋のお茶会の着物 訪問着

秋の大寄せのお茶会 11月、芸術の秋。 市内の大寄せのお茶会に参加しました。 参加といっても、お客としての参加ではなく、お客様をおもてなしする方(亭主側)担当。 お客様の前で私もお点前しました(^_^;) 緊張した〜〜〜〜!(>_<;) ・・・修行が足り…

自分で着物の補修 訪問着の袖つけ部分を直してみた

今日は着物の壊れたところを自分でなんとかお直ししてみたよ、というお話です。 着物の補修 ・袖付け部分(身八つ口の上)の糸が切れている ・壊れていない方の袖を参考に自分でくけて直してみる ・新品でない着物は糸が弱っていて切れることがある

織りの着物地を単衣仕立てに

10月も後半になり、最近はすっかり肌寒くなりました。 ・・・というかセーター着たいくらい寒い・・・!(>_<;) お天気は毎日曇り。 日が差さず、気温も上がらず、風が冷たい〜〜〜〜! これはもういい加減、袷の着物の季節ですな〜・・・ 袷の襦袢、半襟付い…

正絹の絽の襦袢を自宅で洗濯

9月も後半となりました〜。 そろそろ夏用の絽の襦袢も卒業です。 私は暑い間は正絹の絽の襦袢を愛用しているのですが、暑い時期は汗をよくかくので、 着た後はだいたい自分で洗濯しています。 こんなこと言うと特に着物上級者の方からは「なんてことしてるの…

単衣が暑い!時は、インナーで調節

9月下旬〜はちょっとガマンして単衣の着物に 空は高くて日差しクッキリ。 風は爽やかで、すっかり秋! 秋晴れの本日の気温は・・・・24℃。 私の本日の洋服は・・・・「半袖」です!(^_^;) 半袖着ているうちは「なんちゃって単衣」を着たい・・・。 でもここ…

帯揚げ・帯締めの「夏用」「冬用」

帯揚(おびあげ)も「夏用」と「それ以外の季節用」がある 帯揚は、帯を結ぶ時に帯枕を包むのに使います。 帯の上にちらりと見える、アレですね。 帯揚にも「絽」でできた夏用と、 「縮緬(ちりめん)」や「綸子(りんず)」などでできたその他の季節用がありま…

半襟は、「夏用(絽)」「冬用(塩瀬)」の2種類でOK!

小物(半襟・帯揚・帯締め)は7月・8月だけ「夏用」にすればOK! 前回、帯の記事でも書いたように、 帯と小物には「夏用」と「それ以外の季節用」の2種類しかありません! 初心者は、7月・8月の夏の間だけ「夏用」にしておけば間違いなしです!! ヽ(´▽`)/ …

9月は単衣の季節だけど、夏着物(浴衣)でもなんとかなる

9月10日以降は夏物を卒業して単衣の着物に 9/10になったら、いよいよ単衣の着物の登場です!\(^o^)/ 着物・・・単衣(表地だけの1枚で仕立てられた着物) 襦袢・・・暑ければ夏物の絽でもOK!涼しかったら単衣の襦袢にする。 半襟・・・塩瀬 帯・・・薄手…

帯にも季節によって種類がある!?

帯と小物は「夏用」と「それ以外の季節用」だけ! 着物を着るには、着物だけではダメですよね。 大きく見えるところだと、帯。 そして、襟元が汚れないように「半襟(はんえり)」というものをつけたり、 帯を結ぶために「帯揚(おびあげ)」や「帯締め(おびじめ…

9月のはじめに着る着物とは?

9月9日までは夏着物でOK! あっという間に9月ですね〜。 8月って、どうしてこんなに早く過ぎ去って行くんでしょー( ;∀;) さてさて、9月なったら着物ルール的には「単衣」を着ます。 でも、9月のはじめ頃はまだまだ真夏のように暑かったりしますよね。 そん…

襦袢にも季節ごとに種類がある

襦袢にも袷・単衣・薄物がある 着物の下に着る、インナー的なものが襦袢です。 襦袢にも、生地を2枚にして仕立ててある袷、 1枚仕立ての単衣、 絽や紗などでできた薄物、が存在します。 基本は、 袷の着物+袷の襦袢、 単衣の着物+単衣の襦袢、 夏着物+夏用襦…

袷・単衣・薄物とは?

袷(あわせ)とは? 袷とは、表地と裏地を2枚合わせて仕立てられている着物のこと。 袷の着物は、10月~次の年の5月までの8ヶ月間、秋→冬→春と長~い期間着ることのできる着物です。 なので、家にある着物やリサイクル着物として売られているのは大抵この「袷…

何月にどんな着物を着るのかという大問題

何月に何を着る?月別の着物ルールとは? 着物には、袷(あわせ)、単衣(ひとえ)、薄物(うすもの)という、 初心者には全く?????な種類があります。 「何月にどんな着物を着るのか」 というのは、 着物初心者を悩ませる大問題ですよね。 私も着物を着始め…

このブログについて

私が着物を着始めたのは、2010年くらいから。 きっかけは、茶道のお稽古へ通うようになり、先生の着物姿に憧れたから。 始めのうちはもちろん洋服でお稽古へ通っていたのですが、 ど〜〜〜〜〜しても!着物でお稽古したくなり、本を頼りにどうにかこうにか着…