月別!着物の選び方12ヶ月

着物初心者の方へ向けて、季節ごとの着物の選び方、帯や小物との組み合わせ方などを綴っています。

9月のはじめに着る着物とは?

9月9日までは夏着物でOK!

あっという間に9月ですね〜。

8月って、どうしてこんなに早く過ぎ去って行くんでしょー( ;∀;)

 

さてさて、9月なったら着物ルール的には「単衣」を着ます。

でも、9月のはじめ頃はまだまだ真夏のように暑かったりしますよね。

 

そんな時は、9/9の「重陽の節句」までは、夏物でも良いと言われています

 

ちなみに重陽の節句とは、お雛祭りの「桃の節句」の秋バージョンみたいなもので、別名「菊の節句」とも言われています。

 

前日に菊の花の上に真綿(絹の綿)を乗せておき、9/9に朝露を含んだその綿で身体を清めると長生きできると言う・・・・。

やってみたことはありませんが、綿についた朝露は、菊の香りがするんですかね〜。

うーん・・・雅ですな〜・・・。

 

ちょっと話がズレちゃいましたが、とにかく9/9までは夏着物OK!

でも、さすがに「9月」ってなっちゃうと、東北地方に住んでいる私的には絽や紗は夏っぽ過ぎる気がしてしまいます。

なのでこの時期、私は夏大島を大抵着ています。

絽目があるわけでもなく、紗のようにスケスケ過ぎるわけでもないので、見た目的には単衣の着物のように見えます。

なんちゃって単衣です。

 

中に着る襦袢は、まだ暑いので夏物の絽。

でも半襟だけは塩瀬のものに付け替えます。

 

帯や小物も「ザ・夏物」は卒業して、ちょっぴり秋だよ〜っと言う感じにしています。

 

9/1〜9/9の着物まわり まとめ

  • 着物・・・暑いときは夏物でもOK!
  • 襦袢・・・暑いのでまだまだ夏物の絽でOK!ウソツキ襦袢の袖だけ単衣にすると言うテもアリ。
  • 半襟・・・塩瀬に付け替えましょう。
  • ・・・薄手の普通の(夏物以外の)帯 or 秋っぽい色の夏帯
  • 帯揚・帯締め・・・普通の。秋の空のような濃い水色や黄色など、秋らしい色をチョイス。