月別!着物の選び方12ヶ月

着物初心者の方へ向けて、季節ごとの着物の選び方、帯や小物との組み合わせ方などを綴っています。

単衣が暑い!時は、インナーで調節

9月下旬〜はちょっとガマンして単衣の着物に

空は高くて日差しクッキリ。

風は爽やかで、すっかり秋!

 

秋晴れの本日の気温は・・・・24℃。

私の本日の洋服は・・・・「半袖」です!(^_^;)

 

半袖着ているうちは「なんちゃって単衣」を着たい・・・。

でもここまで秋らしくなってくると、ちょっとガマンして単衣にしたいところ。

 

中に着る襦袢も単衣にしちゃうと、とんでもなく暑いので、襦袢はなんちゃって単衣の時にも着ていた「塩瀬の半襟をつけた絽の襦袢」にしておきましょう!

中に着る物で暑さ対策です。

 

ちなみに私は、下着に速乾性のヒンヤリするTシャツインナー(洋服用)を着ています。

着物用の肌着と違って、洋服用インナーは毎年進化してますもんね!

襟の部分が見えないように、Vネックのもの(色は白)を選び、背中側が見えそうだったらハサミでチョキチョキしちゃいます。切りっぱなしの生地のものならハサミで切っただけでもほつれません( ^ω^ )

 

9月下旬の着物まわり

  • 着物・・・単衣(表地だけの1枚で仕立てられた着物)
  • 襦袢・・・暑ければ夏物の絽でもOK!涼しかったら単衣の襦袢にする。
  • 半襟・・・塩瀬
  • ・・・薄手の普通の(夏物以外の)帯、塩瀬などの染め帯
  • 帯揚・帯締め・・・普通の。帯や着物に合わせて秋らしい色をチョイス。

 

いかがだったでしょうか。

季節が秋!になったら、外から見える部分は単衣などの秋物に。

気温がまだちょっと高めの時には、中に着る襦袢やハイテクインナーで調整するのがオススメで〜す!