月別!着物の選び方12ヶ月

着物初心者の方へ向けて、季節ごとの着物の選び方、帯や小物との組み合わせ方などを綴っています。

袷・単衣・薄物とは?

袷(あわせ)とは?

袷とは、表地と裏地を2枚合わせて仕立てられている着物のこと。

 

袷の着物は、10月~次の年の5月までの8ヶ月間、秋→冬→春と長~い期間着ることのできる着物です。

なので、家にある着物やリサイクル着物として売られているのは大抵この「袷」です。

着物屋さんで「仕立て込みで〇〇万円!」と売られているのも大抵この「袷」仕立て。

 

表地と裏地、2枚あわせて仕立ててあるので暖かいってことですね。

 

洋服でいうと、セーターやトレーナーの様な感じ。

 

 

単衣(ひとえ)とは?

単衣とは、表地だけで仕立てられた着物のこと。

1枚仕立てなので袷よりも軽くてちょっと涼しい。

 

洋服でいうと長袖シャツって感じでしょうか。

 

単衣は、着物ルールではなんと

6月と9月の2ヶ月しか着ません。Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

 

1年12ヶ月の内の、たった2ヶ月!

 

なので、大抵の人は単衣の着物なんて持っていません。

それゆえ、リサイクル着物としてもあまり出てきません。

 

でも、昨今の温暖化により、5月からだいぶ暑い!とか、

10月に入ったのにまだ暑い!とかいうこともありますよね。

そんな時には、私は5月や10月でも単衣を着ちゃってます

 

お茶会とか(これはお茶をやってない人にはあまり関係ありませんが)、

結婚式で着物のルールにすごく厳しい方がいる時とか??(そんなこと滅多にないよね・・・)、

きっちり着物ルールを守らなきゃならない時は別ですが、

それ以外は、その時のお天気や気温に合わせて着るものを選んでいいと思います。

 

 

薄物(うすもの)とは?

薄物とは、「夏物」「夏着物」のことです。

洋服でいうと、半袖~ノースリーブ。

 

夏の着物には、代表的なものでいうと「絽(ろ)」や「紗(しゃ)」などがあり、

透け感のある生地でできています

もちろん1枚仕立て。

 

単衣の着物よりさらに軽くて、私は夏の着物を着ると、

その軽さにテンションが上がります!(≧▽≦)

 

洋服よりは暑いですけどね。

でもなんだか、袷や単衣の着物を着る時よりモーレツにときめいちゃうんですよね~!!(・・・私だけ?)

 

ちなみに、浴衣も物によっては夏着物として着ることができます!

 

私は学生時代に仕立てた浴衣を、今は夏着物として着ています。

(もはや浴衣としては着ていない)

 

なので、「自分サイズの初めての着物が欲しい!」と思ったら、個人的には

ちょっと高級な浴衣を仕立てることをオススメします!

 

本格的な着物より断然安いし!!

 

夏着物にオススメの浴衣についてはその内書いてみたいと思います!

 

 

着物について一通りみたところで、次回は着物を着るには欠かせない、帯や襦袢など着物以外のものの季節ごとの種類について見ていきましょう!