月別!着物の選び方12ヶ月

着物初心者の方へ向けて、季節ごとの着物の選び方、帯や小物との組み合わせ方などを綴っています。

9月最初の着物仕事は、半襟の付け替え

9月は単衣の季節。

着物も襦袢も単衣のものにするのが良いのかも知れませんが、

 

9月になってもしばらくは暑いので、

着物は、あまり透けない夏着物(私は夏大島を愛用)、

襦袢は絽を着続けます!

 

洋服が半袖の間は、着物&襦袢も夏仕様。

だって暑いし・・・(~_~;)

 

 

でも一応は四季の移ろいに敏感な着物文化も大事にしたい

って事で、

半襟と帯締め・帯揚げなどの小物だけは夏物を卒業します!!

 

 

という事で、9月になったら一番にする私の着物仕事は、

 

半襟の付け替え!です。

 

夏用の絽の半襟から、塩瀬の普通の半襟に付け替えます。

 

※襦袢自体は絽の長襦袢のまま。半襟だけを塩瀬のものに付け替えます。

 

 

しかも、絽の半襟を取り外してから塩瀬の半襟をつけるのではなく、

絽の半襟の上に、塩瀬の半襟を重ねて縫い付ける

というちょっぴりズル?をしています。

 

私は絽の長襦袢も家で洗濯してるので、

半襟はつけたまま洗濯しているんですよね〜。

www.tukikimono.com

 

なので、絽の半襟の上に重ねて塩瀬の半襟を縫い付けちゃいます!

 

こうしておくと、来年の6月(単衣の時期)にはそのまま着られるので便利なんです。

 

7月になったら、上の塩瀬の半襟だけ外せば、下から絽の半襟が出てくるという。

すばらしいズボラ技!!( ̄▽ ̄)

 

 

帯揚げ・帯締めも夏物を卒業 

帯揚げと帯締めも絽やレースを卒業して普通のにします。

 

私は、秋をイメージして、秋の高い空みたいなきれいな水色や、稲穂みたいな黄色、秋の果物のぶどう色なんかを選んでます。

 

ちなみに、帯も絽や紗は卒業してあまり透けないものにします。

ただ、普通の八寸帯とかにするのは暑くてまだまだイヤ(>_<;)なので、

私はあまり透けないけど軽くて涼しい麻の帯をすることにしています。 

 

私の持っているものはこげ茶色なのですが、色が秋っぽいのでこの時期よく締めてます。
まあ、真夏にも結構な頻度で締めてますけどね。
軽くて滑りにくくて締めやすい!
すごく重宝してます。
時間がないときはついついこれになっちゃいます(*^_^*)
 
 
まだまだ暑い9月。
 
中身は夏仕様のままで涼しく、
でも、見た目はなんとなく秋らしく。
 
“なんちゃって”な単衣仕様で、残暑を乗り切りたいと思います!!♪( ´▽`)
 
 
最後までお付き合いいただき、ありがとうございました〜!
ではまた!