月別!着物の選び方12ヶ月

着物初心者の方へ向けて、季節ごとの着物の選び方、帯や小物との組み合わせ方などを綴っています。

半襟は、「夏用(絽)」「冬用(塩瀬)」の2種類でOK!

小物(半襟・帯揚・帯締め)は7月・8月だけ「夏用」にすればOK!

前回、帯の記事でも書いたように、

帯と小物には「夏用」と「それ以外の季節用」の2種類しかありません!

初心者は、7月・8月の夏の間だけ「夏用」にしておけば間違いなしです!!

ヽ(´▽`)/

 

それでは、小物といってもいろいろなので、それぞれどんな感じかみていきましょー!

 

半襟(はんえり)は、夏用の「絽(ろ)」、それ以外の季節用の「塩瀬(しおぜ)」の2枚あればOK!

半襟とは、襦袢(じゅばん)の襟部分を汚れから守るために取り付ける、長方形の布のことです。

 

素材は汚れにくく簡単に洗える化繊のものから、正絹(シルク)のものまで色々。

白だけでなく、綺麗な色柄に染められたものや、刺繍のもの、模様が織り出されたものなど様々なものがあります。

 

季節によっても色々な種類がありますが、とりあえず

夏(7月・8月)用の「絽」と、

それ以外の季節用の「塩瀬」、

この2種類さえ持っていればバッチリです!

 

半襟は見た目だけで、実際の着心地的には「絽だから涼しい」ということもないので、7月・8月の涼しげに見せたい夏の間だけ「絽」にすればOKです。

 

カラフルな半襟や、美しい刺繍の半襟ももちろん素敵ですが、

もし、初心者で何も持っていない状態なら、とりあえず

白の絽と塩瀬の半襟を1枚ずつそろえておけば間違いなし!です。

白ならどんな色の着物にも合わせられるし、フォーマル用の訪問着や色無地だっていけてしまうからです。

 

ちなみに私は、洗える様に加工された正絹の半襟を使っています。

理由は、「正絹の方が肌に当たった時気持ちいいから」。

着物を着ていると結構汗をかいたりするので、吸湿性の良いシルクの方が断然快適です。

色はもっぱら白のみ。

私の場合は着物を着る目的が「お茶のお稽古へ行くこと」なので。

お茶の世界では「半襟と足袋は白いのが良いよ」ってことになっているのです。清潔感とか清浄さってことですかね。

 

 

次回は、「帯揚」「帯締め」編です。